プロペシア

AGA(男性型脱毛)

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略です。

AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになります。

AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んで行きます。
進行を抑えるためには早めのケアが大切です。
当クリニックでは内服薬(プロペシア)にて治療、フォローしていきます。なお、AGA外来は自由診療(保険外診療)となり、全額を患者様にご負担いただくことになります。
料金等、詳細につきましてはお気軽にお問合せ下さい。

プロペシア

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬です。

男性型脱毛症とは、毛髪が細く短くなる典型的な症状です。
この結果、生え際が後退したり(M字型)、頭頂部が薄くなり(O型)地肌が露出するという結果をもたらします。
この現象は通常20才代で始まり、年齢とともに多くの人に見られるようになります。
脱毛は遺伝的要因とDHTホルモンの複合的作用によって引き起こされると考えられています。

プロペシアは男性における男性型脱毛症のみの適応です。
他の脱毛症に対する適応はありません。また、20歳未満での安全性及び有効性は確立されておりません。
また、プロペシアは「O型」だけでなく、生え際が薄い「M字型」の治療にも使用されています。

男性型脱毛症(AGA)は、時間の経過とともに進行していきます。
男性型脱毛症の主な原因物質はジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone=DHT)で、DHTは5α‐還元酵素によってテストステ ロンから産生されます。

このDHTから脱毛シグナルが出ると髪は長く太く成長をする前に抜け落ちてしまい、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つようになり ます。

プロペシアは5α‐還元酵素を阻害しDHTの産生を抑制します。

当クリニックでは日本で医療用医薬品として承認された、世界初の“飲む治療薬”プロペシア錠を採用し、治療にあたっております。

頭髪の脱毛でお悩みの方、お気軽にご相談下さい。

※「プロペシア」は内服の男性型脱毛症用の医療用医薬品です。医師の診察、処方の下、正しく服用して下さい。
※ プロペシアの処方には保険は適用されません。

プロペシアの副作用について

プロペシアの臨床試験で、1mgの錠剤を1年間投与したところ、58%の被験者で改善効果が認められた。

ただ、4%の被験者に性機能障害などの副作用が出たという報告があります。また、継続して薬を服用することで肝障害などを引き起こすこともあります。

副作用出現時や他の薬剤との飲み合わせなどを考えると、専門医の指導の下に服用することが必要です。

プロペシアは男性用の治療薬であり、女性は、服用はもちろんのこと接触も避けて下さい。
また、子供の服用も避けてください。
妊娠中か、その可能性のある女性は、絶対にプロペシアを使用してはいけません。
また、砕けたり割れたりしたプロペシアの錠剤をさわってもいけません。

男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入ると、それが口から入った場合であっても、皮膚に付着して吸収された場合であっても、男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。

(プロペシアの錠剤はコーティングされていますので、砕けたり割れたりしない限り、通常の取扱いで有効成分に触れることはありません)

診療案内
ワクチン
健康診断
前立腺がん
AGA(男性型脱毛)

 →  プロペシア

外反母趾・偏平足
ピアス
浅野外科内科
〒485-0829
愛知県小牧市小牧原
1丁目405番地

TEL:0568-72-1241
診療内容
外科、内科、胃腸内科、
肛門外科、整形外科、
リハビリテーション科、皮膚科