料金

診察、処方

(薬代は別途必要)

初回2,200円(税込)
2回目以降無料

保険診療の対象ではありませんので、自由診療となります。


相談、薬の変更などは診察が必要となります。その際の診察も無料です。

薬(1錠) 料金(税込)
シアリス    20mg
2,000円
バイアグラ   50mg 1,650円
シルデナフィル 50mg (バイアグラの後発品)  600円

ED(勃起不全)とは

「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。専門的には「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」とされています。つまり、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、いずれもED(勃起不全)となります。

「たまに勃起しないことがある」、「勃起できるか不安になる」などご本人が勃起に満足を感じられない場合もED(勃起不全)であり、十分に治療対象となります。

1998年に行われた調査によると、中等度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1130万人でした。年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。ED(勃起不全)は身近な疾患と言えるのではないでしょうか?

EDの原因

勃起は神経系と血管系が正常に働くことにより起こります。そのどちらか、あるいは両方に障害が起きることがEDの主な原因と言われています。

加齢や精神的な原因に加え、高血圧症や糖尿病など、生活習慣病が原因となります。逆に言うとEDの症状から基礎的な病気が見つかることもあるようです。

EDは、ストレスなどの精神的、心理的な原因、糖尿病、高血圧症などの心血管系疾患に加え、肥満と運動不足、喫煙などの生活習慣からも起こるといわれています。

性的刺激によって、神経を介し勃起の信号が送られると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込みます。海綿体はスポンジのように血液を吸い込んで貯め、膨張して硬くなります。これが勃起した状態です。しかし、生活習慣病や心理的な原因により神経と血管の働きが不十分だと、陰茎海綿体への血液の流れ込み方がたりずにEDが起こります。

たとえば、糖尿病になると、神経が障害されたり、血管が硬くなることで、性的刺激による血管の拡張が不十分で、血流を抑えると考えられています。糖尿病の患者さんが抱く日常生活の悩みとしてEDや性欲低下を挙げる方が多いと言われます。

高血圧症では、血圧が高くなると、血管が損傷して硬く狭まります。これによって、ペニスの血流を抑えてしまうと考えられています。

EDの治療

EDの原因にかかわらず、大部分のEDは治療可能です。治療法の第一歩は、高血圧症、糖尿病、喫煙や高コレステロール値などの生活習慣病の関連因子を取り除くことです。

適切な指導のもとで治療法を選択することになりますので、問診や健康チェックで問題がなければ、心因性か器質性かにかかわらず診断的治療として、まず経口薬の効果で評価するのが最近の傾向です。

いろいろな作用を持つ薬剤が開発中ですが、現在使用できる医療用医薬品による経口治療では、陰茎の血管拡張を起こす化学物質の急速な分解を阻害することにより、身体の信号伝達経路に作用し、勃起を自然に起こすことができます。しかし、ニトログリセリンまたは硝酸剤による治療を受けている、または必要としている男性は服用できません。

あなたの症状について「EDの症状はどれぐらいの期間続いていますか。」等といった内容を伺うい、簡単な身体検査や血液検査が行われ、関連する健康状態や生活習慣(喫煙習慣や特定の心臓疾患治療薬の服用など)をはじめとして、他のEDの原因がないかどうかを調べることもあります。EDの原因が喫煙や服用している薬にあると考えられた時には、禁煙や服用している薬の切り替えが必要となることもあります。

また、精神的な原因である場合には、カウンセリングがEDの改善につながることもあります。カウンセリングでは一般的なものと、深層心理に問題のあるものがあり、後者は精神科医または心理学者へ受診をお勧めします。

セルフチェック

ED問診票(SHIM)

この6ヶ月のご自身の状態について、当てはまるものをそれぞれ選んでください。


①勃起してそれを維持する自信はどの程度ありましたか?

  非常に低い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1点

  低い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2点

  中くらい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点

  高い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点

  非常に高い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点

②性的刺激によって勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか

  性的刺激はなかった・・・・・・・・・・・・・・・・0点

  ほとんど、又は全くならなかった・・・・・・・・・・1点

  たまになった(半分よりかなり低い頻度)・・・・・・2点

  時々なった(ほぼ半分の頻度)・・・・・・・・・・・3点

  しばしばなった(半分よりかなり高い頻度)・・・・・4点

  ほぼいつも、又はいつもなった・・・・・・・・・・・5点

③性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか

  性交を試みなかった・・・・・0点

  ほとんど、又は全く維持できなかった・・・・・・・・1点

  たまに維持できた(半分よりかなり低い頻度)・・・・2点

  時々維持できた(ほぼ半分の頻度)・・・・・・・・・3点

  しばしば維持できた(半分よりかなり高い頻度)・・・4点

  ほぼいつも、又はいつも維持できた・・・・・・・・・5点

④性交の際、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか

  性交を試みなかった・・・・・・・・・・・・・・・・0点

  極めて困難だった・・・・・・・・・・・・・・・・・1点

  とても困難だった・・・・・・・・・・・・・・・・・2点

  困難だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3点

  やや困難だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・4点

  困難でなかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・5点

⑤性交を試みた時、どれくらいの頻度で性交に満足できましたか

  性交を試みなかった・・・・・・・・・・・・・・・・0点

  ほとんど、又は全く満足できなかった・・・・・・・・1点

  たまに満足できた(半分よりかなり低い頻度)・・・・2点

  時々満足できた(ほぼ半分の頻度)・・・・・・・・・3点

  しばしば満足できた(半分よりかなり高い頻度)・・・4点

  ほぼいつも、又はいつも満足できた・・・・・・・・・5点

木元康介ほか : 日本性機能学会雑誌24(3) : 295,2009 より改変


ED問診票(SHIM)について

SHIMとは、EDのスクリーニングや治療の効果判定に使われているInternational Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)と呼ばれる問診表のひとつです。合計点数が21点以下の患者さんでは、EDが疑われるとされます。