AGA / FAGA

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは

『AGA』(Androgenetic Alopecial)とは、男性に最も多くみられる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略です。

AGAは、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになります。薄毛などで悩む男性の90%以上がAGAが原因との報告もあります。また、成人男性の4人に1人がAGAもしくはAGA予備軍だとも言われています。

生え際が後退していく脱毛症・・・・・・・「M型脱毛症」

頭頂部から脱毛が進む脱毛症・・・・・・・「O型脱毛症」

M型とO型の2つが合わさった脱毛症・・・「複合型脱毛症」

AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んで行きます。
進行を抑えるためには早めのケアが大切です。

料金


診察・処方

(薬代は別途必要)

初回2,200円(税込)
2回目以降無料

保険診療の対象ではありませんので、自由診療となります。

相談、薬の変更などは診察が必要となります。その際の診察も無料です。

AGA 薬料金(税込)
ザガーロ 30日分11,000円
プロペシア 28日分
 8,800円
フィナステリド 28日分(プロペシアの後発品)  6,600円

AGAの原因

AGAは、一般的に遺伝や男性ホルモン(テストステロン)の影響などが、主な原因と考えられています。

☆男性ホルモン

男性の場合、主に睾丸から男性ホルモン(テストステロン)が分泌され、血液中に混ざって全身に流れます。このテストステロンが頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、より強力な男性ホルモンDHTに変化します。このDHTが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結合して脱毛因子「TGF-β」を増やすことで、毛母細胞の分裂、増殖を抑制したり毛乳頭へ髪が抜けるよう指令を出します。

遺伝

AGAと遺伝の因果関係は明確に解明されていません。しかし、両者は密接な関係があると考えられています。

強力な男性ホルモンDHTの生成を阻害するには5αリダクターゼを抑制することが必要です。また、DHTが毛乳頭の受容体と結合することで脱毛を促進されます。こうした体質は遺伝する可能性もあるため、AGAの発症リスクと関係していると考えられています。

生活習慣の乱れ

AGAの原因は遺伝など先天的な要素だけではありません。睡眠や運動不足、食事といった生活習慣の乱れも、発症や進行に大きく影響する可能性があります。過度なダイエットや偏食を続けたりすると、紙を作るのに必要な栄養素が不足してしまいます。

さらに、睡眠サイクルの乱れや、運動不足、過度なストレスが、自律神経やホルモンのバランスを乱し、正常なヘアサイクルの妨げになります。また、飲酒・喫煙といった習慣が過ぎると血流の悪化を招き、髪に必要な栄養が届きにくくなるため、AGAが発症したり、症状が悪化したりする恐れがあります。

AGAの治療

薄毛治療には、大きく分けて次の4つの方法があります。

①薬剤治療
②植毛・増毛
③光治療・LED治療
④成長因子・細胞の注入

このうち、AGAに最も有効性が高いのは①の薬剤治療と言われています。なぜなら、薬剤治療で使われる薬は、男性ホルモンを変換する5αリダクターゼの働きを抑え、脱毛の原因であるDHTを作らせない様にしたり、DHTの働きを抑制するからです。

副作用

AGAの治療薬の副作用には、性欲減退や神経過敏、勃起機能障害(ED) 、射精障害など男性機能低下、肝機能障害などがあります。

どの薬にも、効果・効能(良い作用)とは逆の副作用(好ましくない作用)があります。

十分に理解した上で、正しく服用してください。


まずは医師に相談してから服用を始め、体調に変化は現れた場合は医師に相談することが、健康を維持しながらAGAを改善する良い方法です。

AGAセルフチェック

以下の項目で当てはまる項目が3つ以上ある方は、AGAまたはその予備軍の可能性があります。気になる方はご相談ください。

  1. 親族 (特に母方の祖父)に薄毛の人がいる
  2. 最近、髪の毛のコシがなくなり、細く短い髪が増えた気がする
  3. 枕元に抜け毛の量が多くなるなど、最近抜け毛が多くなった気がする
  4. 額の生え際が少しずつ後退している気がする
  5. 頭のてっぺん、つむじの部分が薄くなったり、地肌が見えるようになってきている気がする
  6. 同年代の周りの人と比べると髪の量が少ないように思う
  7. バランスの良い食事ができていない
  8. 脂肪分の多いものが好きである
  9. 日々の生活でストレスが多い
  10. 睡眠が不足していたりする


FAGA(女性男性型脱毛症)

つむじ、分け目が気になりませんか?

FAGAとは

『FAGA』とは、Female Androgenetic Alopecialの略で、日本では「女性における男性型脱毛症」と呼ばれています。女性の体内にも男性ホルモンであるテストステロンは存在し、その血中濃度は男性のおよそ20分の1と少なく、また毛髪を成長させる役割を持つ女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌も活発です。しかしそのエストロゲンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンが優位となり、薄毛や抜け毛につながります。

FAGAの場合は、男性のAGAのように局所的な脱毛症状ではなく、頭部全体が薄くなっていくという特徴があります。このような症状は40~50歳第ごろの壮年期に起こることが多い様ですが、まれに20歳代ごろにも起こることがあります。症状は個人差もあります。

料金


診察・処方

(薬代は別途必要)

初回2,200円(税込)
2回目以降無料
FAGA 薬料金(税込)
Dott Hair for Women タブレット  1ヶ月分  10,000円

内容量

タブレットA:1ボトル60錠入(1ヶ月分)

タブレットB:1ボトル30錠入(1ヶ月分)

タブレットC:1ボトル60錠入(1ヶ月分)


主要成分(1錠あたり)

タブレットA:ミノキシジル1mg

タブレットB:スピロノラクトン20mg

タブレットC:ビタミンB群(ビオチン等)、ビタミンC、ミネラル(亜鉛等)、アミノ酸


Dott Hair for Women タブレットのカタログ(PDF)はこちら

FAGAの原因

FAGAはAGA(男性型脱毛症)と同様に、ホルモンが関係しているとも言われています。AGAは抜け毛の症状が特徴的なために比較的診断しやすいですが、FAGAは広範囲にわたって症状が現れるため、視診のみでは特定できません。このような脱毛疾患を「びまん性脱毛」といいます。FAGAのようにびまん性の脱毛を引き起こす疾患には、鉄欠乏や過度のダイエットによる栄養不足や、膠原病のように全身疾患によるものやホルモンバランスの乱れ、生活習慣やストレスによるもの、経口避妊薬(ピル)といった薬剤性のものなどあります。

ホルモンバランス

女性は40歳代後半から卵巣から分泌される女性ホルモンが減り、その後に閉経を迎えるとさらにホルモン量が変化します。更年期症状は女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって引き起こされ、FAGAもその症状のひとつと考えられています。

生活習慣

日常の食事、睡眠、運動など生活習慣が乱れると体に悪影響が出てきます。細く元気のない髪の毛が増加してきます。

ストレス、過度なダイエット

精神的、肉体的になストレス増加は、脱毛誘因のひとつです。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、頭皮の血行が悪くなり抜け毛が引き起こされやすくなります。

また、極端なダイエットで栄養バランスを崩すと、毛髪の材料となるタンパク質が欠乏したり、鉄欠乏性貧血を起こすことがあり脱毛が多くなります。

FAGAセルフチェック

以下の項目で当てはまる項目が3つ以上ある方は、FAGAまたはその予備軍の可能性があります。気になる方はご相談ください。

  1. 最近、抜け毛の量が増えきた気がする
  2. 髪が細くなってきた気がする
  3. 頭皮全体がボリュームダウンしてきた
  4. 頭皮にかゆみや赤みがある
  5. 頭皮が脂っぽい
  6. つむじや分け目など地肌の部分が、以前に比べ目立つようになってきた
  7. 家族、または親族に薄毛の人がいる
  8. 日頃、ストレスを感じている
  9. 喫煙をする
  10. 食生活が乱れている

診療日