肺炎球菌

小児用肺炎球菌ワクチンとは?
細菌性髄膜炎など、肺炎球菌による重い感染症を予防する、子ども用のワクチンです。


肺炎球菌が起こす病気
肺炎球菌は、多くの子どもの鼻やのどにいる、身近な菌です。
ふだんはおとなしくしていますが、子どもの体力や抵抗力が落ちた時など、
いつもは菌がいないところに入り込んで、いろいろな病気(感染症)を引き起こします。

・細菌性髄膜炎
脳や脊髄をおおっている髄膜に菌が侵入して炎症を起こす。
日本では、毎年約200人の子どもが肺炎球菌による髄膜炎にかかり、うち1/3くらいが、命を奪われたり、重い障害が残ったりしている。

・菌血症
血液の中に菌が入り込むこと。
放っておくと、血液中の菌がいろいろな臓器にうつり、髄膜炎など重い病気を引き起こす心配がある。

・肺炎

・中耳炎


接種する時期

2ヶ月以上から9歳以下まで接種できます。

肺炎球菌による髄膜炎は約半数が0歳代でかかり、それ以降は年齢とともに少なくなりますが、5歳くらいまでは危険年齢です(5歳を過ぎての発症もあります)。

生後2ヶ月になったらなるべく早く接種しましょう。


接種スケジュール

接種回数は、肺炎球菌ワクチンをはじめて接種する月齢によって異なります。

(注)初回免疫は1才になるまでにうけて下さい。

13価小児肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌には多くの型があり、主要な7つの型(7価)に対してワクチンで免疫をつけておりましたが、それ以外の型の発病が増してきたことから、13個の型(13価)に対して幅広く肺炎球菌を予防することになりました。

平成25年10月までに7価肺炎球菌の接種を完了されている方につきましては、任意で13価肺炎球菌ワクチンの追加接種が可能です(1回で終了)。

費用は9,260円です。ご希望の方は、窓口にお申し出下さい。

診療案内
ワクチン
健康診断
前立腺がん
AGA(男性型脱毛)

 →  プロペシア

外反母趾・偏平足
ピアス
浅野外科内科
〒485-0829
愛知県小牧市小牧原
1丁目405番地

TEL:0568-72-1241
診療内容
外科、内科、胃腸内科、
肛門外科、整形外科、
リハビリテーション科、皮膚科