四種混合

ポリオ

ポリオは、ポリオウイルスが人の口の中に入って、腸の中で増えることで感染します。増えたポリオウイルスは、再び便の中に排泄され、この便を介してさらに他の人に感染します。かつては小児に多発したことから「小児麻痺」ともよばれていました。

ポリオウイルスに感染しても多くの場合、病気としての明らかな症状は出ませんが、ごくまれに発病し、手や足に麻痺が現れ、その後遺症が一生残ることもあります。現在は、まだ確実な治療法はなく、麻痺に対するリハビリテーションなどの対症療となります。


百日せき

百日せきに感染した人の「せき」や「くしゃみ」などで百日せき菌が飛び散り、それを吸い込むことにより感染する病気です。普通のかぜ症状で始まり、連続的にせき込むようになります。せきの後、急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出るのが特徴です。乳幼児が感染すると、せきで呼吸ができず、チアノーゼやけいれんを起こすことがあります。また、肺炎や脳症などの重い合併症を起こすこともあります。


ジフテリア

ジフテリアに感染した人の「せき」や「くしゃみ」などでジフテリア菌が飛び散り、それを吸い込むことにより感染する病気です。感染しても10%程度の人にしか症状が現れません。しかし、発病2~3週間後ぐらいに、菌の出す毒素により心筋炎や神経麻痺などを起こすこともあります。 


破傷風

土の中に潜んでいる破傷風菌が、傷口から侵入して感染する病気です。菌の出す毒素のため、けいれんや口が開かないなどの症状が現れ、ひどい場合は死亡することもあります。破傷風菌は土の中にいるため、お子様にとっては感染する機会が多く、予防接種で免疫をつけておくと安心です。 

診療案内
ワクチン
健康診断
前立腺がん
AGA(男性型脱毛)

 →  プロペシア

外反母趾・偏平足
ピアス
浅野外科内科
〒485-0829
愛知県小牧市小牧原
1丁目405番地

TEL:0568-72-1241
診療内容
外科、内科、胃腸内科、
肛門外科、整形外科、
リハビリテーション科、皮膚科